業績

2024年3月28日

2023年(令和5年)

【論文】

〇加賀元宗*,中村理恵,松木茂伸,仁尾正記:当院で経験した新生児同種免疫性血小板減少症と本邦既報116例の診断契機に関する検討.共済医報 2022; 71 (4): 294-299 ※2023年共済医学会年間優良論文賞

〇加賀元宗*,松木茂伸,中村理恵,仁尾正記:病勢把握に各種サイトカインを測定した新型コロナウイルス感染症の新生児例.日本周産期新生児医学会雑誌 2023; 59(1): 153-155

2022年(令和4年)

【論文】

○栃木実佳子,菅野秀俊,鈴木弘二,早坂真一,小林正臣,田野口孝二,岡村州博,加賀元宗,山岸俊夫*:切迫早産で帝王切開後に診断されたバセドウ病の一例.共済医報 2022; 71(1): 22-28

○中嶋真一,加賀元宗*,松木茂伸,鈴木秀,岡村州博:Global longitudinal strain を用いた先天性大動脈弁形成異常における左室心機能の評価.共済医報 2022; 71(1): 15-21 ※2022年共済医学会年間優良論文賞

〇加賀元宗*:妊娠中,ハーブ類を摂ってもよいでしょうか?.周産期医学Vol.52増刊号:92-94, 2022

〇加賀元宗*:妊娠中にコーヒー,紅茶,お茶を摂りすぎるのはよくないでしょうか?.周産期医学Vol.52増刊号:95-97, 2022

2020年(令和2年)

【論文】

〇Wada Y, Kikuchi A*, Kaga A, Shimizu N, Ito J, Onuma R, Fujishima F, Totsune E, Sato R, Niihori T, Shirota M, Funayama R, Sato K, Nakazawa T, Nakayama K, Aoki Y, Aiba S, Nakagawa K, Kure S: Metabolic and pathologic profiles of human LSS deficiency recapitulated in mice. PLoS Genetics 2020; 16(2): e1008628

〇中嶋真一,加賀元宗*,梁瑞穂,西澤圭織,松木茂伸,鈴木秀,小林正臣,上原茂樹,岡村州博:多彩な臨床経過と異なる重症度を呈した大動脈四尖弁の4例.共済医報 2020; 69(3): 258-264 ※第70回共済医学会優秀論文賞 

〇加賀元宗*,渡邉浩司,鎌田文顕,松木茂伸,中村理恵:当院で出生したSGA児の予後と両親の喫煙に関する検討.日本禁煙学会雑誌 2020; 15(5): 102-108 ※第6回日本禁煙学会優秀論文賞

2019年(令和元年)

【論文】

〇加賀元宗*,松木茂伸,中鉢由美,窪田知子,石井登志子,吉田敏子,守美和子,伊藤 美佳,佐藤広子,中村理恵,岡村州博:当院における実践的新生児蘇生シミュレーション講習会.共済医報 2019; 68(3): 279-284

〇加賀元宗*,湊敬子,中村理恵,松木茂伸,小林正臣,上原茂樹,岡村州博:潰瘍性大腸炎治療中の授乳による児への影響.共済医報 2019; 68(3): 290-294 ※第69回共済医学会年間優良論文賞 

【学会発表】

〇湊敬子,加賀元宗,中村理恵,松木茂伸,小林正臣,上原茂樹,岡村州博:潰瘍性大腸炎治療中の授乳による児への影響.第68回共済医学会.10月.札幌.2019 

2018年(平成30年)

【論文】

〇西澤圭織,加賀元宗*,上原茂樹,松木茂伸,中嶋真一,菅野秀俊,中村理恵,小林正臣,岡村州博:分娩後の心不全を契機に発見された大動脈四尖弁の一例.日本周産期・新生児医学会雑誌 2018; 54(3): 856-860

〇加賀元宗*,渡邉浩司,松木茂伸,中村理恵,小林正臣,上原茂樹,岡村州博:妊娠中にポリフェノール高含有飲料(ノンカフェインコーヒーや緑茶)を摂取していた母より出生した胎児動脈管早期収縮の2例.日本周産期・新生児医学会雑誌 2018; 54(3): 891-897

【学会発表】

〇中嶋真一,加賀元宗,梁瑞穂,鈴木秀:出産後心不全発症を契機とし心エコー図検査により発見された大動脈四尖弁の一例.第91回日本超音波医学会.6月.神戸.2018

〇西澤圭織,加賀元宗,上原茂樹,松木茂伸,中嶋真一,菅野秀俊,中村理恵,小林正臣,岡村州博:分娩後の心不全を契機に発見された大動脈四尖弁の一例.第54回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月8日.東京.2018

〇中嶋真一,加賀元宗,梁瑞穂,鈴木秀:出産後心不全発症を契機とし心エコー図検査により発見された大動脈四尖弁の一例.第66回日本心臓病学会学術集会.9月.大阪.2018

2017年(平成29年)

【論文】

〇工藤多佳子,加賀元宗*,渡邉浩司,明城光三,武山陽一:当院で出生したSGA児の産科因子に関する検討.日本周産期・新生児医学会雑誌 2017; 53: 30-5

〇加賀元宗*,工藤多佳子,渡邉浩司:当院で出生したSGA児の身長予後に関する検討.日本周産期・新生児医学会雑誌 2017; 53: 1060-6

【学会発表】

〇西澤圭織,加賀元宗,渡邊マリア,松木茂伸,斎藤淳一,菅野秀俊,柿坂はるか,早坂真一,吉本知子,鈴木弘二,中村理恵,小林正臣,田野口孝二,上原茂樹,岡村州博:分娩後の心不全を契機に発見された大動脈四尖弁の一例.第81回東北大学産科学婦人科学教室専攻医会.12月.仙台.

2016年(平成28年)

【論文】

〇Akimune Kaga*, Yu Katata, Akira Suzuki, Kanako Otani, Hiroshi Watanabe, Setsuko Kitaoka, Satoru Kumaki. Perinatal coxsackievirus B3 infection with transient thrombocytopenia. Tohoku J. Exp. Med. 2016; 239: 135-8

〇Akimune Kaga*, Hiroshi Watanabe, Hiroki Miyabayashi, Takaya Metoki, Setsuko Kitaoka, Satoru Kumaki. A term infant of neonatal toxic shock syndrome-like exanthematous disease complicated with hemophagocytic syndrome. Tohoku J. Exp. Med. 2016; 240: 167-70

〇加賀元宗*,菊池美穂,渡邉美紀江,渡邉浩司,武山陽一:国立病院機構仙台医療センターにおける新生児蘇生法(NCPR)普及事業への取り組み.仙台医療センター医学雑誌2016; 6: 57-61

〇三宅のどか,宮林広樹,鈴木菜絵子,渡邊庸平,大沼良一,野口里恵,渡邉浩司,加賀元宗,久間木悟*,貴田岡節子:反復する痙攣を契機に診断に至ったビタミンD欠乏性くる病の一例.仙台医療センター医学雑誌2016; 6: 69-73

【学会発表】

〇目時嵩也, 加賀元宗, 渡邉浩司, 宮林広樹, 六郷由佳, 佐藤大記, 渡邊庸平, 大沼良一, 野口里恵, 久間木悟, 貴田岡節子:新生児TSS様発疹症(NTED)に血球貪食症候群を合併した正期産児.第119回日本小児科学会学術集会.5月.札幌.2016

〇加賀元宗,渡邉浩司,工藤多佳子,武山陽一,明城光三:妊娠中のポリフェノール過剰摂取(コーヒー、そば茶等)が原因と考えられた胎児動脈管早期閉鎖の早産児例.第52回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月16日.富山.2016

〇渡邉美紀江,加賀元宗,工藤多佳子,渡邉浩司,武山陽一,明城光三:進行胃癌により出産後早期に死亡した妊婦とその家族との関わり.第52回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月18日.富山.2016

〇中山恵里香,加賀元宗,工藤多佳子,渡邉浩司,明城光三,武山陽一,秋山聖子,佐藤秀子:進行胃がんにより出産後早期に死亡した褥婦とその家族との関わり.第37回宮城母性衛生学会学術集会・第23回宮城県委託周産期医療研修会.11月27日.仙台.2016

〇圓山晶子,加賀元宗,長谷川裕子,渡邊マリア,松木茂伸,柿坂はるか,早坂真一,吉本知子,鈴木弘二,中村理恵,小林正臣,田野口孝二,上原茂樹,岡村州博:HPA-4b抗体による新生児同種免疫性血小板減少症の男児例.第80回東北大学産科学婦人科学教室専攻医会.12月23日.仙台.2016

2015年(平成27年)

【論文】

〇Akimune Kaga, Jun Murotsuki, Miki Kamimura, Masahito Kimura, Akiko Saito-Hakoda, Junko Kanno, Shigeo Kure, Ikuma Fujiwara*. Association of achondroplasia with Down syndrome: difficulty in prenatal diagnosis by sonographic and 3-D helical computed tomographic analyses. Congenit Anom (Kyoto) 2015; 55: 116-20

〇渡邉美紀江,加賀元宗*,工藤多佳子,吉川郁江,中山恵里香,渡邉浩司,明城光三,佐藤秀子:進行胃癌により出産後早期に死亡した妊婦とその家族との関わり.仙台医療センター医学雑誌 2015; 5:67-70

〇堅田有宇,加賀元宗,鈴木菜絵子,松原容子,石田智之,久間木悟*,貴田岡節子:迅速診断キットにより診断したヒトメタニューモウイルス感染症入院例の重症化リスク因子の検討.小児感染免疫 2015; 26: 459-464

【学会発表】

〇鈴木菜絵子,加賀元宗,日下奈津子,植松貢,萩野谷和裕,堅田有宇,田部井容子,石田智之,貴田岡節子,久間木悟:頭部MRI検査で特徴的な所見の推移がみられた急性小脳炎の一例.第118回日本小児科学会学術集会.4月.大阪.2015

〇三宅のどか,宮林広樹,鈴木菜絵子,渡邊庸平,大沼良一,野口里恵,渡邉浩司,加賀元宗,久間木悟,貴田岡節子:反復する痙攣を契機に診断に至ったビタミンD欠乏性くる病の1例.第219回日本小児科学会宮城地方会.6月.仙台.2015

〇宮林広樹,三宅のどか,鈴木菜絵子,渡邉浩司,加賀元宗,野口里恵,渡邊庸平,大沼良一,久間木悟,貴田岡節子:急性巣状細菌性腎炎・腎膿瘍治療経過中に血球貪食症候群を合併した1例.第219回日本小児科学会宮城地方会.6月.仙台.2015

〇加賀元宗,藤原幾磨:超低出生体重児のSGA性低身長症15例におけるGH治療効果の検討.第51回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月.福岡.2015

〇工藤多佳子,加賀元宗,渡邉浩司,武山陽一,明城光三:当院で過去10年間に出生したSGA児の産科的リスク因子と長期予後に関する検討.第51回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月.福岡.2015

〇牧野浩充,工藤多佳子,加賀元宗,渡邉浩司,武山陽一,明城光三:超緊急帝王切開術の体制作りとその成果の検討.第51回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月.福岡.2015

〇加賀元宗,工藤多佳子,渡邉浩司,久間木悟,貴田岡節子:仙台医療センターで過去10年間に出生したSGA児の長期予後に関する検討.第49回日本小児内分泌学会学術集会.10月.東京.2015

〇渡邉浩司,加賀元宗,宮林広樹:新生児TSS様発疹症(NTED)に血球貪食症候群を合併した正期産児.第60回日本新生児育成学会学術集会.10月.盛岡.2015

〇目時嵩也, 加賀元宗, 渡邉浩司, 宮林広樹, 六郷由佳, 佐藤大記, 渡邊庸平, 大沼良一, 野口里恵, 久間木悟, 貴田岡節子:新生児TSS様発疹症(NTED)に血球貪食症候群を合併した正期産児.第220回日本小児科学会宮城地方会学術集会.11月.仙台.2015

〇宮林広樹,目時嵩也,佐藤大記,渡邉浩司,加賀元宗,渡邊庸平,大沼良一,野口里恵,久間木悟, 貴田岡節子:入院後診断までに3日間以上要した川崎病症例の検討.第220回日本小児科学会宮城地方会学術集会.11月.仙台.2015

2014年(平成26年)

【論文】

〇Akimune Kaga*, Tsuyoshi Ohwada, Mitsugu Uematsu, Toshikuni Takano and Shigeo Kure. Late vitamin K deficiency bleeding in an infant at a maternity hospital: a case report. Pediatric International 2014; 56: 127-8

〇Akimune Kaga*, Hitoshi Mikami, Shigeo Kure, Haruo Maeta. Paroxysmal cold hemoglobinuria in a 2-year-old child. Journal of Iwate Prefectural Hospital association 2014; 54: 14-7

〇Saeko Suzuki, Akimune Kaga, Natsuko Kusaka, Mitsugu Uematsu, Shigeo Kure, Kazuhiro Haginoya, Setsuko Kitaoka, Satoru Kumaki*. A case of acute cerebellitis with a unique sequential change on MRI. Pediatric Neurology 2014; 51: 279-81 *仙台医療センター優秀論文賞受賞

〇Takako Kudo, Akimune Kaga*, Kozo Akagi, Hideki Iwahashi, Hiromitsu Makino, Yoko Watanabe, Takae Kawamura, Taiju Sato, Tsuyoshi Shinozaki, Shinya Miwa, Nobuo Okazaki, Shigeo Kure, Shingi Nakae. Cardiopulmonary arrest in pregnancy with schizophrenia: a case report. BMC Research Notes 2014; 7: 821

〇千葉和治,久間木 悟,堅田有宇,日下奈都子,松原容子,鈴木菜絵子,石田智之,野口里恵,大沼良一,加賀元宗,田澤雄作,中江信義,貴田岡節子,飯澤理,荒井宣博,永井幸夫:カポジ水痘様発疹症類似の発疹を呈した手足口病の1乳児例.仙台医療センター医学雑誌 2014; 4: 44-7

【学会発表】

〇堅田有宇,鈴木菜絵子,松原容子,石田智之,日下奈都子,加賀元宗,野口里恵,大沼良一,中江信義,久間木悟,貴田岡節子,野呂知世:急性巣状性細菌性腎炎に不全型川崎病を合併した1歳男児例.第19回仙台小児科カンファランス.2月.仙台.2014

〇島彦仁,梅木郁美,上村美季,加賀元宗,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:成長ホルモン補充開始後、低血糖発作による痙攣が改善したseptooptic dysplasiaの一例.第28回東北成長障害・成長因子研究会.3月.仙台.2014

〇鈴木菜絵子,堅田有宇,日下奈都子,大沼良一,野口里恵,六郷由佳,渡邊庸平,渡邉浩司,加賀元宗,久間木悟,貴田岡節子:抗マイコプラズマ抗体が陽性であったX連鎖無γ-グロブリン血症(XLA)の一例.第217回日本小児科学会宮城地方会.6月.仙台.2014

〇田澤雄作,鈴木菜絵子,六郷由佳,堅田有宇,松原容子,石田智之,野口里恵,日下奈都子,大沼良一,加賀元宗,渡邊庸平,渡邉浩司,中江信義,久間木悟,貴田岡節子:現代の不適切な養育環境による“後天性発達障害”(発達性トラウマ障害).第217回日本小児科学会宮城地方会.6月.仙台.2014

〇加賀元宗,室月淳,藤原幾磨:出生前に胎児超音波検査や胎児3D-CTを施行した21トリソミーと軟骨無形成症の合併例.第50回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月.浦安.2014

〇堅田有宇,加賀元宗:迅速診断キットにより診断したヒトメタニューモウイルス感染症入院例の重症化リスク因子の検討.第50回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月.浦安.2014

〇工藤多佳子,加賀元宗,牧野浩充,明城光三,中江信義:母体心肺停止後に緊急帝王切開術を施行し母児ともに救命し得た1例.第50回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月.浦安.2014

〇六郷由佳,大沼良一,野口里恵,鈴木菜絵子,日下奈都子,渡邊庸平,加賀元宗,渡邉浩司,久間木悟,貴田岡節子,永井幸夫:ロタウイルス腸炎を契機に一過性高CK血症をきたした3歳男児例.第20回仙台小児科カンファランス.7月.仙台.2014

〇加賀元宗,曽木千純,上村美季,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:超低出生体重児のSGA性低身長症15例におけるGH治療効果の検討.第48回日本小児内分泌学会学術集会.9月.浜松.2014

〇島彦仁,梅木郁美,加賀元宗,上村美季,箱田明子,菅野潤子,泉陽子,深見真紀,藤原幾磨:成長ホルモン補充開始後に低血糖が改善し、WDR11変異を認めたSepto Optic Dysplasiaの一例.第48回日本小児内分泌学会学術集会.9月.浜松.2014

〇梅木郁美,曽木千純,鈴木大,上村美季,豊田将夫,加賀元宗,箱田明子,菅野潤子,鈴木重雄,藤原幾磨:1型糖尿病と同時期にバセドウ病を発症した12歳女児例.第48回日本小児内分泌学会学術集会.9月.浜松.2014

〇堅田有宇,加賀元宗,久間木悟,貴田岡節子:迅速診断キットにより診断したヒトメタニューモウイルス感染症入院例の重症化リスク因子の検討.第46回日本小児感染症学会学術集会.10月.東京.2014

〇六郷由佳,鈴木菜絵子,日下奈都子,渡邊庸平,加賀元宗,渡邉浩司,大沼良一,野口里恵,久間木悟,貴田岡節子,井下田小緒里,豊島将文:腹痛、嘔吐で発症した卵巣腫瘍茎捻転の7歳女児例.第218回日本小児科学会宮城地方会.11月.仙台.2014

〇牧野浩充,菅野加奈子,井ヶ田小緒里,松浦類、石垣展子,吉永浩介,渡辺洋子,綿引奈苗,加賀元宗,渡邉浩司,佐藤秀子,千葉智睦,澤田真樹,川村隆枝,明城光三:当院での超緊急帝王切開術への体制作りとその成績.第68回国立病院総合医学会学術集会.11月.横浜.2014

2013年(平成25年)

【論文】

〇Akimune Kaga*, Yukimune Ohkubo, Yohei Watanabe, Sachiko Saito, Takuma Matsuki, Haruo Usuda, Susumu Kanda, Yutaka Suzuki, Muneyuki Tanabu, Shigeo Kure. Development of icterus gravis in a preterm infant with G71R UGT1A1 polymorphism. BMC Research Notes 2013; 6: 51

〇Akimune Kaga*, Chieko Itabashi, Susumu Kanda, Yutaka Suzuki, Muneyuki Tanabu, Shigeo Kure. Skin hamartoma of the hand on a newborn infant: a case report. Pediatric international 2013; 55: e67-9

〇Akimune Kaga, Akiko Saito-Hakoda, Mitsugu Uematsu, Miki Kamimura, Junko Kanno, Shigeo Kure, Ikuma Fujiwara*. Brain white matter abnormality in a newborn infant with congenital adrenal hyperplasia. Clin Pediatr Endocrinol 2013; 22: 77-81

【学会発表】

〇加賀元宗,上村美季,箱田明子,菅野潤子,室月淳,藤原幾磨:21トリソミーを合併した軟骨無形成症の1例.第27回東北成長障害・成長因子研究会.3月.仙台.2013.

〇及川善嗣,熊谷直憲,中山真紀子,菅野潤子,加賀元宗,上村美季,呉繁夫:腎機能障害を合併したCogan症候群の一例.6月.第48回日本小児腎臓病学会.6月.徳島.2013

〇上村美季,加賀元宗,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:昼夜逆転の生活の改善と食事指導により劇的にHbA1cが低下した2型糖尿病の10歳男児例.日本小児・思春期糖尿病研究会.7月.東京.2013

〇加賀元宗,箱田明子,植松貢,上村美季,菅野潤子,呉繁夫,藤原幾磨:新生児期に脳白質異常を認めた先天性副腎皮質過形成症の1例.第7回新生児内分泌研究会学術発表会.9月.東京.2013

〇加賀元宗,上村美季,梅木郁美,箱田明子,菅野潤子,室月淳,藤原幾磨:21トリソミーを合併した軟骨無形成症の1例.第47回日本小児内分泌学会学術集会.10月.東京.2013.

〇菅野潤子,梅木郁美,上村美季,加賀元宗,豊田将夫,箱田明子,藤原幾磨,呉繁夫:カーボカウントは小児1型糖尿病患者のHbA1cを改善する.第47回日本小児内分泌学会学術集会.10月.東京.2013

〇梅木郁美,上村美季,加賀元宗,豊田将夫,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:当科における1a型糖尿病患者の自己免疫性甲状腺疾患合併についての検討.第47回日本小児内分泌学会学術集会.10月.東京.2013

〇梅木郁美,上村美季,加賀元宗,豊田将夫,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:当科における1a型糖尿病患者の自己免疫性甲状腺疾患合併についての検討.第27回日本内分泌学会東北地方会.10月.盛岡.2013

〇二瓶真人,熊谷直憲,加賀元宗,中山真紀子,菅野潤子,呉繁夫,柿坂庸介,野津寛大,飯島一誠:マイコプラズマ肺炎を契機に診断されたGitelman症候群の1例.第216回日本小児科学会宮城地方会.11月.仙台.2013

〇石田智之,堅田有宇,鈴木菜絵子,松原容子,日下奈都子,野口里恵,佐藤優子,加賀元宗,渡邊浩司,大沼良一,田澤雄作,中江信義,久間木悟,貴田岡節子:ロタウイルスワクチン投与後に無熱性けいれんで発症した腸重積症の乳児例.第216回日本小児科学会宮城地方会.11月.仙台.2013

〇堅田有宇,鈴木菜絵子,松原容子,石田智之,日下奈都子,野口里恵,佐藤優子,加賀元宗,渡邊浩司,大沼良一,田澤雄作,中江信義,久間木悟,貴田岡節子:点状出血と軽度の血小板減少をきたしたパルボウイルスB19感染症の3例.第216回日本小児科学会宮城地方会.11月.仙台.2013

〇松原容子,堅田有宇,鈴木菜絵子,石田智之,日下奈都子,野口里恵,佐藤優子,加賀元宗,渡邊浩司,大沼良一,田澤雄作,中江信義,久間木悟,貴田岡節子,木村正人,川野研悟:頸部リンパ節腫腸が著明な川崎病症例の特徴~当科で過去3年間に経験した川崎病157例の解析を通して~.第216回日本小児科学会宮城地方会.11月.仙台.2013

〇梅木郁美,上村美季,加賀元宗,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:1型糖尿病と同時期に甲状腺機能亢進症を発症した一女児例.第13回東北小児糖尿病研究会.11月.仙台.2013

2012年(平成24年)

【論文】

〇Takuma Matsuki, Akimune Kaga*, Susumu Kanda, Yutaka Suzuki, Muneyuki Tanabu, Naoya Sawa. Intestinal malrotation susupected cow’s milk allergy: a case report. BMC Research Notes 2012; 5: 481

【学会発表】

特別講演・教育講演

〇加賀元宗:乳児ビタミンK欠乏性出血症.古くて新しい問題.仙台市小児科医会.1月.仙台.2012.

【一般発表】

〇加賀元宗,上村美季,豊田将夫,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨,五十嵐裕:遺伝子検査にてIsolated Growth Hormone Deficiency type Ⅱと診断された親子例.第26回東北成長障害・成長因子研究会.3月.仙台.2012.

〇上村美季,加賀元宗,豊田将夫,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨,五十嵐裕:遺伝子検査にてIsolated Growth Hormone Deficiency type IIと診断された親子例.第24回日本内分泌学会東北地方会.4月.仙台.2012.

〇加賀元宗,上村美季,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:新生児期に脳白質異常を認めた先天性副腎皮質過形成症の1例.第46回日本小児内分泌学会学術集会.9月.大阪.2012.

〇藤原幾磨,菅野潤子,箱田明子,豊田将夫,加賀元宗,上村美季:乳歯早期脱落を契機に、遺伝子解析にて診断確定した低フォスファターゼ症の1例.第214回日本小児科学会宮城地方会.11月.仙台.2012

〇上村美季,加賀元宗,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:昼夜逆転の生活の改善と食事指導により劇的にHbA1cが低下した2型糖尿病の10歳男児例.東北小児糖尿病研究会.12月.仙台.2012.

2011年(平成23年)

【学会発表】

〇斎藤祥子,加賀元宗,松木琢磨,大久保幸宗,北西龍太,渡邊庸平,神田進,鈴木豊,田名部宗之:日齢21に重症黄疸で交換輸血を行った極低出生体重児の1例.第33回青森県県南周産期セミナー.1月.八戸.2011.

〇松木琢磨,加賀元宗,斎藤祥子,大久保幸宗,渡邊庸平,神田進,鈴木豊,田名部宗之:腸回転異常症にミルクアレルギーの併発が疑われた一例.第33回青森県県南周産期セミナー.1月.八戸.2011.

〇加賀元宗,三井俊賢,柴田浩憲,上村美季,豊田将夫,箱田明子,菅野潤子,石井智弘,長谷川奉延,藤原幾磨:14歳時に初発けいれんで診断され、右手示・小指欠損を伴う偽性副甲状腺機能低下症1bの1例.第45回日本小児内分泌学会学術集会.6月.大宮.2011.

〇豊田将夫,加賀元宗,上村美季,箱田明子,菅野潤子,植松貢,藤原幾磨:NKX2-1遺伝子異常をみとめた甲状腺機能低下症の3例.第45回日本小児内分泌学会学術集会.6月.大宮.2011.

〇菅野潤子,上村美季,加賀元宗,箱田明子,藤原幾磨:糖尿病合併自閉症の2例-Melforminと食事運動療法が奏効中の1例と向精神薬内服中で治療に難渋している1例.第45回日本小児内分泌学会学術集会.6月.大宮.2011.

〇箱田明子,上村美季,加賀元宗,菅野潤子,依藤亨,藤原幾磨,呉繁夫:出生時過体重と低血糖を認め、学童期に反応性低血糖を伴う糖尿病を発症したABCC8遺伝子異常の1女児例.第45回日本小児内分泌学会学術集会.6月.大宮.2011.

〇箱田明子,上村美季,加賀元宗,菅野潤子,小川英伸,藤原幾磨,呉繁夫:橋本病を合併したIdiopathic Hypothalamic Dysfunctionの1女児例.第45回日本小児内分泌学会学術集会.6月.大宮.2011.

〇菅野潤子,上村美季,加賀元宗,箱田明子,藤原幾磨,田島敏広:診断と治療に苦慮した偽性低アルドステロン症Ⅰ型の一例.第45回日本小児内分泌学会学術集会.6月.大宮.2011.

〇上村美季,豊田将夫,加賀元宗,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨,呉繁夫:PTPN11遺伝子に変異を認めたLEOPARD症候群の1例.第45回日本小児内分泌学会学術集会.6月.大宮.2011.

〇加賀元宗,上村美季,豊田将夫,箱田明子,菅野潤子,藤原幾磨:14歳時に初発けいれんで診断され、右手示・小指欠損を伴う偽性副甲状腺機能低下症1bの1例.第212回日本小児学会宮城地方会.11月.仙台.2011.

2010年(平成22年)

【学会発表】

〇八幡しずか,加賀元宗,及川智里,桜小路育美,寺口恵,吉崎純子,菊池由美,池全子,小野頼母,工藤宏紀,川合英一郎,三上仁,前多治雄,米沢俊一:当院で経験した18 trisomyの症例.第48回岩手県小児保健学会.2月.盛岡.2010.

〇工藤宏紀,加賀元宗,三上仁,前多治雄:重症肝線維症と静脈管開存を合併した21トリソミーの症例.第46回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月.神戸.2010.

〇加賀元宗,松田直,池全子,臼田治夫,小野寺幸子,渡邊真平,秋山志津子,北西龍太,加賀麻衣子,渡邉達也,土屋滋:Alveolar Capillary Dysplasiaが疑われる一例.第62回北日本小児科学会学術集会.9月.札幌.2010.

〇斎藤祥子,加賀元宗,松木琢磨,大久保幸宗,北西龍太,渡邊庸平,神田進,鈴木豊,田名部宗之:日齢21に重症黄疸で交換輸血を行った極低出生体重児の1例.第40回青森県周生期医療研究会.12月.青森.2010.

2009年(平成21年)

【学会発表】

特別講演・教育講演

〇加賀元宗:小児救急疾患―新型インフルエンザを含めて―.盛岡医師会学術講演会.1月.盛岡.2009.

一般発表

〇桐田圭輔,池全子,工藤宏紀,小野頼母,川合英一郎,加賀元宗,鎌田文顕,三上仁,前多治雄:脳梁膨大部に可逆性病変を有する脳炎脳症(MERS)を合併したB型インフルエンザの1例.第123回日本小児科学会岩手地方会.6月.盛岡.2009.

〇鈴木美知子,加賀元宗,斉藤大樹,桐田圭輔,川合英一郎,鎌田文顕,三上仁,前多治雄:発作性寒冷ヘモグロビン尿症の1例.第123回日本小児科学会岩手地方会.6月.盛岡.2009.

〇齊藤大樹,三上仁,池全子,工藤宏紀,小野頼母,川合英一郎,加賀元宗,前多治雄:急性小脳失調症の1例.第123回日本小小児科学会岩手地方会.6月.盛岡.2009.

〇川合英一郎,池全子,小野頼母,工藤宏紀,加賀元宗,三上仁,前多治雄:ダイナック造影CTで診断し得た13歳男児の肝周囲炎.第123回日本小児科学会宮城地方会.6月.盛岡.2009.

〇池全子,三上仁,工藤宏紀,小野頼母,西野美奈子,川合英一郎,加賀元宗,前多治雄:新生児マススクリーニングで発見され、6年後に自然閉鎖を確認しえた門脈大循環短絡の1例.第207回日本小児科学会宮城地方会.6月.仙台.2009.

〇川合英一郎,池全子,小野頼母,工藤宏紀,加賀元宗,三上仁,前多治雄:ダイナック造影CTで診断し得た13歳男児の肝周囲炎.第208回日本小児科学会宮城地方会.11月.仙台.2009.

〇工藤宏紀,加賀元宗,川合英一郎,小野頼母,池全子,三上仁,前多治雄,松本敦,高橋信:重症肝線維症と静脈管開存を合併した21トリソミーの症例.第124回日本小児科学会岩手地方会.12月.盛岡.2009.

2008年(平成20年)

【論文】

〇千田勝一*,武井恒知,嶋田泉司,高橋明雄,葛西健郎,佐々木美香,松本敦,田中健太郎,戸津五月,佐々木智子,細川尊英,内田俊彦,松橋一彦,加賀元宗:各種人工肺サーファクタントの活性と形態の比較.日本未熟児新生児会誌 2008; 20: 1-7

〇戸津五月,松本敦,葛西健郎,佐々木智子,加賀元宗,千田勝一*:妊娠中の一般用医薬品乱用における離脱症候群をきたした新生児例.日本周産期・新生児医学会雑誌 2008; 44: 135-8

【著書】

〇加賀元宗:岩手県中央病院新生児室:えにし(東北大学病院小児関連施設;新生児室・新生児年報)2008: 82-7

【学会発表】

特別講演・教育講演

〇加賀元宗:小児科救急.医師研修会.釜石医師会学術講演会.1月.釜石.2008.

一般発表

〇加賀元宗,千田勝一,大和田穀,高野長邦:乳児ビタミンK欠乏性出血症.第46回岩手県小児保健学会学術集会.2月.盛岡.2008.

〇池全子,三上仁,白木健治,小西雄,加賀元宗,鎌田文顕,前多治雄,斉藤明宏:シクロスポリン持続静注が著効したγグロブリン不応性重症川崎病の1例.第205回日本小児科学会宮城地方会.6月.盛岡.2008.

〇池全子,三上仁,白木健治,小西雄,加賀元宗,鎌田文顕,前多治雄,斉藤明宏:シクロスポリン持続静注が著効したγグロブリン不応性重症川崎病の1例.第205回日本小児科学会宮城地方会.6月.仙台.2008.

〇小山耕太郎,高橋信,佐藤陽子,加賀元宗、小野ひろみ,千田勝一,佐々木幸子,伊藤記彦,嘉村幸恵,猪飼秋夫,小泉淳一:広域イーサネット網を用いた医療過疎地域における先天性心疾患のリアルタイム遠隔診断.第44回日本小児循環器学会学術集会.7月.郡山.2008.

〇佐藤陽子,小野ひろみ,加賀元宗,高橋信,小山耕太郎,小泉淳一,猪飼秋夫,岡林均,小林隆史,星有己枝,門崎衛:術中心エコーは小児開心術の成績向上にどのように貢献するか.第44回日本小児循環器学会学術集会.7月.郡山.2008.

〇小泉淳一,猪飼秋夫,岡林均,加賀元宗,佐藤陽子,高橋信,小山耕太郎,門崎衛:VSD/hig flow PHに対する手術治療成績.第44回日本小児循環器学会学術集会.7月.郡山.2008.

〇加賀元宗,千田勝一,大和田穀,高野長邦:乳児ビタミンK欠乏性出血症.第39回岩手周産期研究会学術集会.8月.盛岡.2008.

〇池全子,三上仁,白木健治,小西雄,加賀元宗,鎌田文顕,前多治雄,斉藤明宏:シクロスポリン持続静注が著効したγグロブリン不応性重症川崎病の1例.第60回北日本小児科学会学術集会.9月.秋田.2008.

〇工藤宏紀,三上仁,佐々木了政,牧口友紀,加藤廉平,加賀元宗,鎌田文顕,前多治雄,大浦敏博:反復性膵炎を発症したメチルマロン酸血症(B12不応症性)の1例.第206回日本小児科学会宮城地方会.11月.仙台.2008.

〇加賀元宗,工藤俊,鎌田文顕,三上仁,前多治雄:先天性多発性関節拘縮症の1例.第122回日本小児科学会岩手地方会.12月.盛岡.2008.

〇加藤廉平,梅木郁美,加賀元宗,鎌田文顕,三上仁,前多治雄:Wegener肉芽腫症の1例.第122回日本小児科学会岩手地方会.12月.盛岡.2008.

2007年(平成19年)

【論文】

〇加賀元宗,渕向透,千田勝一:HLA抗体の関与も考えられたHPA-6b抗体による同種免疫性新生児血小板減少症.周産期医学 2007; 37: 924-6

〇柿坂佳菜恵,亀井淳,赤坂真奈美,石川健,加賀元宗,千田勝一:Fabry crisesから疑われたFabry病.小児科 2007; 48: 115-8

〇杉本卓也,浅井牧子,今村孝,加賀元宗,菊池新,岸本恵美子,清澤秀輔,久保寺訓子,渡辺麻衣子:NICUにおける長期入院-今何が必要か、何が可能か-.日本未熟児新生児学会誌 2007; 19: 134-6

〇加賀元宗,佐々木美香,戸津五月,吉田康夫:各種人工肺サーファクタントの形態学的比較.岩手医誌 2007; 59: 299-308

【学会発表】

〇加賀元宗,佐々木美香,戸津五月,千田勝一,吉田康夫:各種人工肺サーファクタントの形態学的比較.第43回日本周産期・新生児医学会学術集会.7月.東京.2007.

〇加賀元宗,佐々木美香,戸津五月,千田勝一、吉田康夫:各種人工肺サーファクタントの形態学的比較.第59回北日本小児科学会学術集会.9月.弘前.2007.

〇松本敦,葛西健郎,戸津五月,佐々木智子,加賀元宗,高田彰、千田勝一:多発嚢胞腎と心筋肥厚を伴い、妹でグルタル酸尿Ⅱ型と判明した新生児姉妹例.第120回日本小児科学会岩手地方会.12月.盛岡.2007.

〇戸津五月,松本敦,葛西健郎,佐々木智子,加賀元宗,千田勝一:一般用医薬品乱用による新生児離脱症候群.第120回日本小児科学会岩手地方会.12月.盛岡.2007.

2006年(平成18年)

【学会発表】

特別講演・教育講演

〇加賀元宗:三沢高校生へのメッセージ:医師として.青森県立三沢高校講演会.11月.三沢.2006.

一般発表

〇和田泰格,松本敦,葛西健郎,加賀元宗,松橋一彦,戸津五月,嶋田泉司,千田勝一:極低出生体重児の低free T4血症.第34回岩手周産期研究会学術集会.2月.盛岡.2006.

〇加賀元宗,松本敦,内田俊彦,戸津五月,葛西健郎,嶋田泉司,赤坂真奈美,亀井淳,高橋信,小山耕太郎,千田勝一:Miller-Dieker症候群の1例.第117回日本小児科学会岩手地方会.6月.盛岡.2006.

〇佐々木英之,水野大,川副浩平,堀江圭,友安信,出口博之,谷田達男,加賀元宗,松本敦:回腸閉鎖症を合併した直腸肛門奇形の1女児例.第117回日本小児科学会岩手地方会.6月.盛岡.2006.

〇加賀元宗,松本敦,内田俊彦,戸津五月,葛西健郎,千田勝一:Miller-Dieker症候群の1例.第35回岩手周産期研究会学術集会.8月.盛岡.2006.

〇松本敦,葛西健郎,加賀元宗,内田俊彦,戸津五月,佐藤陽子,外舘玄一郎,高橋信,小山耕太郎,千田勝一:心磁図が有用であった胎児不整脈の管理.第35回岩手周産期研究会学術集会.8月.盛岡.2006.

〇加賀元宗,松本敦,内田俊彦,戸津五月,葛西健郎,千田勝一:Miller-Dieker症候群の1例.第58回北日本小児科学会学術集会.9月.札幌.2006.

〇松本敦,葛西健郎,加賀元宗,内田俊彦,戸津五月,佐藤陽子,外舘玄一郎,高橋信,小山耕太郎,千田勝一:心磁図が有用であった胎児不整脈の管理.第58回北日本小児科学会学術集会.9月.札幌.2006.

2005年(平成17年)

【学会発表】

〇松本敦,葛西健郎,加賀元宗,松橋一彦,戸津五月,嶋田泉司,千田勝一:極低出生体重児の甲状腺機能.第57回北日本小児科学会.9月.福島.2005.

2004年(平成16年)

【学会発表】

〇加賀元宗,柿坂佳菜恵,内田俊彦,村田淳,葛西健郎,嶋田泉司,千田勝一,満永義乃,水野大:出生前にBochdalek孔ヘルニアを疑った傍食道裂孔ヘルニアの1例.第3回東北出生前医学研究会.2月.弘前.2004.

〇加賀元宗,柿坂佳菜恵,内田俊彦,村田淳,葛西健郎,嶋田泉司,千田勝一,満永義乃,水野大:出生前にBochdalek孔ヘルニアを疑った傍食道裂孔ヘルニアの1例.第30回岩手周産期研究会学術集会.3月.盛岡.2004.

〇加賀元宗,星篤樹,渕向透:Yersinia enterocolitica感染症の1例.岩手県南小児科学会学術集会.11月.北上.2004.

〇加賀元宗,星篤樹,渕向透,乳井和夫,谷口繁:抗HLA抗体および抗HPA-6b抗体による同種免疫性血小板減少症の1例.第31回岩手周産期研究会学術集会.11月.盛岡.2004.

〇相馬洋紀,加賀元宗,松橋一彦,戸津五月,松本敦,葛西健郎,嶋田泉司,千田勝一,水野大,高野長邦:鎖肛を合併した新生児仙尾部奇形腫の1例.第31回岩手周産期研究会学術集会.11月.盛岡.2004.

〇加賀元宗,星篤樹,渕向透:Yersinia enterocolitica感染症の6例.第114回日本小児科学会岩手地方会.12月.盛岡.2004.

2003年(平成15年)

【学会発表】

〇佐藤陽子,加賀元宗,高橋信,小山耕太郎,千田勝一,平賀祥子:下肢の酸素飽和度測定により気づかれた大動脈縮窄複合の1例.第55回北日本小児科学会学術集会.8月.旭川.2003.

〇加賀元宗,藤井幸晴,松橋一彦,亀井淳,千田勝一:非典型的な経過をたどっているBickerstaff型脳幹脳炎の1例.第9回日本小児神経学会東北地方会.10月.八戸.2003.

〇加賀元宗,内田俊彦,柿坂佳菜恵,菊池敦生,戸津五月,松本敦,村田淳,葛西健郎,嶋田泉司,千田勝一,水野大:超低出生体重児のGross C型食道閉鎖症.第112回日本小児科学会岩手地方会.12月.盛岡.2003.

〇高橋信,佐藤陽子,千葉睦実,和田泰格,加賀元宗,小山耕太郎,千田勝一:両心室ペーシングによる重症心不全の治療.第112回日本小児科学会岩手地方会.12月.盛岡.2003.

*Corresponding author(論文責任者)

リンク

仙台支倉小児科内科クリニックホームページ