仙台市医師会野球チームにはじめて参加してきました!

2024年7月5日

撮影:野口胃腸科内科医院 野口光徳先生

以前もお伝えしましたが、小さいころから野球をやってきました。

昨年12月の開業を機に仙台市医師会に入会すると共に、仙台市医師会の野球チーム「仙台ドクタークラブ」にも所属させていただくことになりました。

仙台ドクタークラブ史 第5巻(平成22年度~令和元年度)

この仙台ドクタークラブは、創立70年という長い歴史があるクラブです。

入会にあたり、上の画像の「仙台ドクタークラブ史」を頂きました。

なんと、第5巻です!

野球をとおして、他県の医師会、近くは山形県医師会や米沢市医師会、遠くは山梨の医師会、弘前市医師会、八戸市医師会、さらには長崎市医師会とも交流をしています。

また、仙台市歯科医師会と仙台市薬剤師会との三師会親善野球大会、宮城県国民健康保険団体連合会、宮城県医師会健康センターとも野球を通して交流があり、仙台市医師会の親睦事業の一翼を担っています(仙台ドクタークラブ史より抜粋)。

この仙台ドクタークラブの活動を、私は病院勤務時代から、毎月医局に届く仙台市医師会報の中の「ドクタークラブ便り」を拝見して知っていました。

この便りは、あたかも試合会場にいる様な臨場感や、楽しそうな懇親会の様子が描かれており、毎月楽しみに読んでいました。

そして、いつもではないですが、ときには楽天モバイルパーク宮城やヤフオクドーム、そして、なんとなんと、甲子園球場でも試合をしているのを拝見し、いつかは入会したいと考えていました。

頂いた第5巻には、創立70周年を記念して多くの寄稿がなされています。

70年、本当にすごいです☆

さて、話しは試合に戻ります。

今年初戦は、宮城県国民健康保険団体連合会とでした。

コロナ禍でも、家での筋トレや素振り、職場では階段上りなどで鍛えていたつもりではありましたが、

だいぶ試合から遠ざかっていたので、久しぶりの試合に期待と不安が入り混じり、前日は遠足前の小学生の様になかなか眠れませんでした(笑)

撮影:野口胃腸科内科医院 野口光徳先生

相手チームは仙台市医師会チームよりもだいぶ若いチームで、ピッチャーも好投手でした。

久しぶりの野球でもあり、試合がはじまるとワクワク感で初回に張り切り過ぎました(笑)

ベンチでもグランドでも声を出し、キャッチャーフライを何個か処理したり、と、なかなか身体も動いていました。

ところが、その日は30℃に迫る暑さで、中盤、キャッチャーで座って立ち上がる時に、立ち眩みがでる様になります・・・

そう、熱中症になっていました(汗)

これまで、あまり熱中症になったことがなかっただけに、「これが熱中症か。。。」と思いました!

やはり、キャッチャーのレガース(膝あて)やプロテクター(腹あて)は熱がこもることを再認識しました。

普段外来で、「明日は暑い様なので、学校でもこまめに水分摂取してね」と言っていたのに、

球場からトイレが遠くて、水分を控えていた自分が悔やまれます(笑)

そのせいもあって(言い訳)、バッティングはヒットなしでした(涙)

そしてチームも負けてしまいました。。。

次回は、熱中症対策を万全にして、試合に臨みたいと思います☆

皆様も熱中症にお気をつけてください!

リンク

仙台市医師会ドクタークラブだより

野口胃腸科内科医院

仙台支倉小児科内科クリニックWEB予約

仙台支倉小児科内科クリニック公式インスタグラム