小児科専門医の更新

2024年3月28日

数年ぶりにやってくる、専門医更新・・・

上の画像の様に、認定期間は今年の9月30日までです。

おそらく、今年認定期間が切れる全国の小児科専門医は憂鬱になっていると思います。

上の画像は前回の認定証です。

これをみると、5年毎に更新がやってきます。

前回も大変だったのを覚えています。。

このブログのプロフィール(資格)で認定証を載せたとき、今年期限が切れるのを知りました。

でも、9月だからしばらく後だと思っていたら、

早くも3月に「更新の手続き」の書類が送られてきました。

そしたらなんと、更新の期限が3月31日になっているではありませんか!!(汗)

ということで、急いで準備を開始しました。

上の画像の様に、勤務場所や勤務時間の記入といった書類、

診察実績の証明として、診察した患者さんの経過をまとめたサマリー、それが100例!

小児科医だけでなく、全専門医共通の、医療安全、感染対策、医療倫理の講義、

それが3単位以上。

そして、小児科領域の講義が20単位以上必要です。

上の画像の様に、小児科領域の講義は、新生児、神経、循環器、腎臓、小児精神、救急、再生医療など、多岐にわっています。

実際に会場で聴講した場合、テストはありません。

でも、私の様にオンラインで聴講する場合はテストがあります。

この聴講、早送り禁止になっています! 1.2倍もなしです!!

ちなみに、前回は早送り可能でした。

そして更に、今回はテストが難しくなっていました。

不合格だと何が間違っていたかわからない様になています。

合格しないと何度でも再テストになります(汗)

100例のまとめ、そして、講義、テスト

仕事の合間、家でも夜に講義とテストを黙々と受けました。

だいぶ時間がかかりました・・・

でも、知識のアップデートができただけでなく、再生医療と小児医療など、新しい分野も学ぶことができました。

約1か月かけて、ようやく50単位を取得し、上の画像の様に、大量の書類を送付しました。

せっかくなので、これからはゆっくり、講義の復習をしていきたいと思います。

1日1講義を目指して☆

リンク

仙台支倉小児科内科クリニックWEB予約