防災

2024年3月28日

前回は、震災時に役立つ商品についてお伝えしました。

今回は震災時に被害を少なくしてくれる商品をお伝えしていきたいと思います。

上の画像は、前回もお伝えしましたが、東日本大震災の際の自宅です。

画像をご覧いただくと、左側で倒れているのは食器棚で、画面中央で倒れているのは食洗器です。

画像にはありませんが、右側には倒れた冷蔵庫もあります。

食器はほぼ全て壊れました(涙)

食器棚自体も壊れました・・・

また、冷蔵庫の中身もあふれ、液体が床にこぼれました。

皿や、冷蔵庫の物はともかく、台所に人がいたらと思うとゾッとします。。。

突っ張り棒

そこで現在は、食器棚、冷蔵庫、タンスに突っ張り棒をしています。

突っ張り棒をした後、福島沖地震(仙台で震度5強)がありました。

その時は食器棚や冷蔵庫、タンスも倒れませんでした!

東日本大震災の際、大きな家具も家の中を滑っていた、という話しもよく聞きます。

もし、そこに子どもがいたら大変なことになります。

是非、主要な家具には突っ張り棒をすることをおすすめします。

引き出しロック

再び東日本大震災の際の画像です。

画面中央の上側にある台所の引き出しをご覧ください。

ここにはロックがかかっていたため、中身が飛び出すことはなく、被害はほとんどありませんでした。

普段の日常では邪魔になるロックですが、地震の際、台所や食器棚から皿が飛び出し破損するのを防ぐだけでなく、飛び出した皿が人にぶつかるのを防いでくれます。

面倒ですが、装着することをおすすめします。

まとめ

突っ張り棒や引き出しロックは、食器などの破損を防ぐだけでなく、人への被害を防ぐのに役立ちます。

面倒ですが、装着していない方は是非御検討ください。

リンク

仙台支倉小児科内科クリニックWEB予約