ウイルス抗体検査と予防接種

2024年3月28日

受験シーズンに入りました。

先日、一足早く、推薦入試でめでたく医療系の大学に合格された方から、ウイルス抗体検査の問い合わせがありました。

当院では、ウイルス抗体検査が可能です。

その検査結果を踏まえ、必要な予防接種も行えます。

この方の様に、医療系の学校に入学する方や、病院に就職される方はその施設からウイルス抗体検査(一般的には麻疹、風疹、おたふく、B型肝炎、水痘)をする様に依頼があります。

私自身も、医学部5年(病棟実習が始まる)に進級する際や病院に就職する際も検査を受けました。

また、妊娠を希望される方、そのパートナーの方(夫が抗体陰性だと妊娠中の妻にうつすことがあります)は、ウイルス抗体検査を行い、抗体が少ない場合は予防接種を行いましょう。

妊娠が判明した後、抗体価が低いとわかった方は、赤ちゃんへの感染予防のため、出産後早めに予防接種を受けましょう。

ちなみに、当院スタッフ(20~30代)も就職にあたり、当院でウイルス抗体検査を施行しました。

スタッフのほとんどが、麻疹、B型肝炎、おたふくの抗体価が低かったので、予防接種を行いました。

実際、検査を受けた多くの方が上記3種類の予防接種を受ける場合が多いです。

ウイルス検査と予防接種は自分とその周囲の方を守るのに大切です。

ウイルス抗体検査を希望される方は御予約をお願いします。

リンク

仙台支倉小児科内科クリニックWEB予約